人気薄の穴馬・・

わずか3点買いで、穴馬券を毎週コンスタントに当てる方法【穴馬アナライザー】

わずか3点買いで高配当が狙える、人気薄の穴馬を簡単に見つける方法:穴馬アナライザー「1点買いで勝てる?ホントに当たるのかよ?」「的中率48%?ためしに買ってみようかな・・・」そんな甘い言葉にだまされて、あなたは、高額な競馬商材を買ってしまい、後悔していませんか?競馬は1点で獲れるほど甘くはありません。ですが、「人気薄の穴馬」をうまく見つけるノウハウさえ分かってしまえば、たった3点買うだけで、驚くほどに回収率がアップする買い方ならあります。もし、あなたが、毎週楽しく競馬をやりたいのなら・・・?毎週コツコツと資金を積み重ねていくことができるお手頃価格な予想方法をこれから公開いたします。はじめまして。「穴馬アナライザー」の長内と申します。私は、圧倒的な1番人気になるような“エリートホース”が好きではありません。なぜなら、たとえその馬が勝っても、安い配当しか戻ってこないからです。では、どんな馬が好きなのか・・・?ズバリ「穴馬」です。誰も勝つなんて予想すらできない「人気薄の穴馬」が昔から好きなのです。「あんた、頭おかしいんじゃないの?」「人気薄の馬なんて買うやついるかよ!」このような声が聞こえてきますが、それでも私は穴馬を追いかけています。そして、毎週毎週、私の選んだ穴馬たちが見事に馬券にからんでくれています。多い日は、12レース中6レースで穴馬をゲットすることもあります。もちろん、ただやみくもに「人気薄の馬」を買っている訳ではありません。穴馬が激走しやすい、ある条件が重なったレースだけで勝負をしているのです。競馬の楽しみ方は、個人個人で自由ですが・・・、配当がわずか250円・・・ このような本命サイドの馬券に、数万円をつっこむのが競馬だ、という考え方で馬券を買う人には、正直この方法は向いていませんのでご遠慮ください。この「穴馬アナライザー」は、いかに少ない投資金額で、いかに大きな配当金をゲットできるか・・・つまり【投資】に近い内容の馬券術となっています。「穴を狙うのが好きだけど」でも「多点買いはもうこりごりだ・・・」といった競馬ファンに、ぜひ読んでもらいたい内容が書かれています。ところで、あなたは1レースにどの位の金額をかけていますか?買う馬券の種類にもよりますが、一攫千金を夢見て「三連単」を買っているのなら50点から100点はくだらないでしょう・・・。馬連でも5〜20点くらいを平気で買うのが常識になっていますよね?でも・・・ それで儲かっていますか?おそらく大多数の人は、このような「多点買い」をやっているせいで、儲けた以上のお金を、次のレースにもつぎこんでしまい、結局ハズしてしまう・・・。こんな買い方に「サ・ヨ・ナ・ラ」する時です!馬券の理想的な買い方とは・・・ズバリ「1点買い」です。そして、得られる配当は・・・「大穴」。つまり、たった1点(100円)だけ買って、10000円の配当を受け取る。まさにローリスク・ハイリターン。これが毎回のレースで実現できたら、どんなに素晴らしいことでしょう・・・。しかし、このような事は夢のまた夢。99%、いや200%不可能なことです。それくらいは、分かりますよね?でも、考えてみてください・・・。↓↓↓3点で3000円の馬券を的中させる。これなら、どう思いますか?現実にありえる話ですよね?もちろん連戦連勝できるわけではありませんが・・・。「たった3点で高配当を的中できる? そんな虫のいい方法なんかないよ!」と思われるかも知れません。ですが、競馬を運や勘によって左右される「ギャンブル」ととらえずに、「投資」ととらえれば、実はこのような高配当の的中も可能になるのです。競馬でコツコツと資金を積み上げていくには、この買い方がベストなのです。      ↓↓↓3点で3000円の馬券を的中させる。なぜ、このような買い方をオススメするのか?それは、多少的中率が下がっても、この買い方ならば「プラス」になる可能性が十分にあるからなのです。例えば、的中率が20%だとしましょう。つまり5レースに1回は当たるということです。このように、5レース目で3000円を的中させれば、的中率が20%でも回収率は200%となります。回収率が200%とは・・・、つまり元金が2倍になるということです!なぜこのような少ない資金でも2倍にすることができるのか?それは、「穴馬」を狙っているからです。もし、本命馬中心の固い配当を狙うようなやり方だと、2レースに1回は当て続けなければ儲かりません。果して、そのような方法が存在するのでしょうか?答えは「NO」です。私の知る限り、そのようなうたい文句の競馬商材で、本当に儲かっているものは見たことがありません。神様でもない限り、「本命」の固い馬券を買うよりは、「荒れる」穴馬券を狙っていくほうが、儲かる確率が非常に高いのは当然なのです。では、どのような買い方をすればいいのか?実は、ある条件になった場合には、人気がまるでない馬をあえて狙うことで、3000円以上の馬券を的中できる方法がようやく分かったのです。FXや株の取引などもそうですが、投資とは「科学的な根拠」に基づいて行われます。「ある企業の売上高が過去最高になりそうだ」 ⇒ 買いの注文が増える「あの企業の取引先がかなりの負債を抱えている」 ⇒ 売りの注文が増えるすごくシンプルな例ですが、「●●だったら●●する。」これが科学的な分析、行動スタイルです。競馬においても、このようなデータや経験則はいっぱいありますよね?例えば・・・、東京競馬場2000Mの外枠は消し。夏は牝馬を買え。馬体重が大幅に減った馬はまず来ない。ノリ(横山)が吹いたら“消し”。(これは昔話かも知れませんが・・・)また「1番人気の勝率は33%、複勝率は65%」といった数字のデータなども多いに参考になります。では、「穴馬」が3着以内に入るためのデータを、あなたは知っていますか・・・?そうです、このデータさえつかんでしまえば「人気薄の穴馬」を堂々と買うことができるのです・・

posted by 競馬の主 at 22:00 | Comment(3) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。