不的中リスクの高いレースがあらかじめ分かります・・

回収率133%の3連複馬券術『トリプルエックス馬券術ver.2.0』

2010年 安田記念の5万馬券 (※旧バージョンで的中)
もしかしてあなたは、
“血統予想”や“オッズ予想”、
“パドック予想術”などで馬券を購入し、
期待ほど勝てないことを
悩んでいませんか?
だとしたら、それは当然なのです…
あなたは以下のことに心当たりはないですか?
的中しているのに競馬が終わる頃にはほとんどお金が残らない。
高い教材を購入してみたが、どうも実践しつづけられない。
実際に買う馬券に対して情報に払うお金が高すぎる。
レースとレースの間が短すぎて慌てて買ってしまうことが多い。
確実性重視で手広く買ってみるものの、やはりトリガミになる。
買うのをやめたレースに限って的中している。
負けを取り返そうとしてさらに負けてしまう。
気がつくと競馬をしている。
競馬が大好きだ。
だが、競馬場にいる小汚い馬券オヤジ(失礼)の一員には
死んでもなりたくない。
たとえ馬券に負けてもビールは必ず飲みたい。
あなたにこれらの心当たりが
あるのなら、
わたし中村哲生の馬券マニュアルは
あなたの馬券ライフをこんなふうに
変えてしまうでしょう。
運用レースを選ぶことができるので好きな時に好きなだけ
勝負することができるようにます。
→ 「このレースを逃したら…」なんて危機感とサヨナラ
できます。
______________________________
馬券生活歴18年の中村哲生が、実際に生活費を得ている
方法です。
→ 1男2女の妻子とともに千葉市でかなり豊かな暮らしを
実現しています。最近はエコ農業の趣味にも目覚めました。
______________________________
的中率41.4%、回収率133%ともに現実のもの
です。
→ “予想的中率95%!”“回収率1250%!”といった
再現不可能な方法ではありません。
買う側の心の弱みにつけこんだモラルの低い販売業者とは
全く違います。
______________________________
マニュアル代以外は一切の追加費用はかかりません。
→ 当然です。
______________________________
実用性と堅実さを兼ね備えた3連複・馬券戦術です。
→ その有効性について少し時間をとって説明させてください。
______________________________
定額投資法なので賭けるお金の強弱に悩む必要がありません。
→ 馬券で勝つのに必要なのはとてもシンプルなことです。
______________________________
不的中リスクの高いレースがあらかじめ分かります。
→ 「君子危うきに近づかず」。危険度の高いレースは余裕で
やり過ごします。
競馬でいつも「勝ち逃げ」する習慣をつけましょう。
もちろん、そのコツも伝授します。
この手紙を読み進める上で
わたしからあなたに約束して
もらいたいことが
たった1つだけあります。
それは、「もう馬券の勉強はしない」
ということです。
これまでのあなたは
お金を儲けようとしてどれだけ努力を
重ねてきたでしょうか。
たとえば株、FX、デイトレ。
(これらの儲からない理由を知っている方は
読み飛ばしてください。)
→ 株式は初期費用が
最低でも1000万円はないと
どんなにがんばっても利潤を
生むことはありません。
もともとお金持ちだけが利益を
得られるゲームなのです。
しかも、
「馬券なんてスったら終わりだろ」
とわたしに笑っていた知人は
去年の世界同時暴落で一気に
総資産の87%を失いました。
株が安全だなんて迷信もいいところ
です。
→ FXは
「初心者がまぐれで」
何百万と儲けてしまうことが
あるため、
ここ最近は大人気です。
しかし、
ここにも大きな落とし穴があります…。
FXは“レバレッジ”と呼ばれる
特殊な方法で取引をします。
簡単に言うと100万円のお金がここに
あるとしましょう。
それを担保に100倍にあたる
一億円のレートで勝負することで、
100倍の儲けを生むというものです。
実際の持ち金の100倍の
取引でもすることができる、
というのがFXの最大の特徴
なのです。
だからたった1円レートがプラスに
動くだけで、
100万円が200万円になります。
が、それが逆にマイナスに1円レートが
動いてしまうと…
賢いあなたにはこれ以上の説明は
必要ありませんね。

「(無能な、という意味が暗に込め
られた)主婦が30万円を稼いだ!」
という売り文句で一時、
もてはやされたデイトレですが、
やはりおすすめしません。
というのも、
デイトレは取引のプロでも分からない
株価の浮き沈みをを(ただの素人が)
完璧に見切らないといけないからです。
なんとなくやって勝てるほど甘くはありま
せん。
たしかに時間とお金をかけて学んで
いけば、デイトレはそこそこ稼ぐことが
できます。
しかしそれでも勝ち続けることは至難の
わざです。
「じゃあ何で本屋にはあんなに本が
売られているんだよ?」
という疑問があるかもしれません。
お教えします。
下の表を逆算してみてください。
◆ブームに乗って大量の素人が市場にお金を突っ込む

◆市場にマネーが流れ込み、だぶつく

◆一部の優秀なトレーダーだけが全部かっさらう

◆素人の手元には何も残らない…

◆「でも、こんなに儲かっている人がいます!」
という本が出る

※最初に戻る、というくり返し。
つまり・・



posted by 競馬の主 at 23:00 | Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。