なぜ競馬で勝てていないのですか・・

Winner's Brain 競馬脳を鍛えて年間プラスを達成!

勝ち組になるには、自分の馬券力を磨くしかないと気がついたあなたへ:こんにちは、坂口です。この手紙は、次で教材を買うのは最後にしたい!なんとしても年間プラス収支を達成したいんだ!というあなたの想いに応えたくて書きました。
よくある押し売りのようなサイトとは違いますので、そこだけは最初に断っておきます。
あたなが今、現在競馬で勝つことが出来ていない理由、その根拠、そして解決方法が書いてあります。もしあなたが、「なぜ競馬で勝てていないのですか?」という問いに対して、
明確な答えを出せないのであれば、この手紙はあなたの競馬人生の分岐点になるくらい重要なものとなるでしょう。時間はかかると思いますが最後まで読んでください。
あなたの、競馬人生の転機になるものを書いたつもりです。では、早速読み続けてください。非常に簡単な質問です。なぜ、あなたは競馬で勝ちたいのですか?お金を稼いで馬券生活をしてみたい人気競馬ブログの管理人になって支持されたい競馬の必勝法を作って有名になりたい競馬仲間からちやほやされたいなど色々な理由があると思います。
競馬で勝てるようになれば、充実した世界が待っていると思っているのではないでしょうか?それは正解です。
でも、あなたの現実は望ましくないものになっているのではないでしょうか?・Gallop、競馬ブックを毎週購入し、競馬王や競馬最強の法則まで購入している
(いったい1ヵ月間で競馬雑誌にいくらついやしているのだろう・・・)・PATの残金を常に把握している
(またゼロになった・・・来週入金しないと・・・)・PAT口座からお金を引き出したことが無い
(しまった!先週儲けた時にお金をおろしておけばよかった・・・)・毎週土日が来たら有無を言わずずっと競馬をやっている
(毎週馬券を買っているのに、全く上達している感じがしない・・・)・本屋に行くと馬券本のコーナーに行ってしまう
(お気に入りの予想家の新作が出てる!買わないと!)・お気に入りのネット予想家がいる
(この人凄いなぁ・・・こんな人になりたいなぁ・・・)・万馬券的中画像に反応してしまう
(俺もこんな馬券当てたいなぁ・・・)・・・こんな経験無いでしょうか?何を隠そう私にはあります。これらは全て5年前までの私の姿です。中学生の時にダービースタリオン全国版を購入し、競馬に興味を持ち、
中学時代はさすがに馬券は買えないのでゲームセンターのメダルゲームで欲求を満たす日々。高校生になり、我が家にPATというものが来て、私の競馬人生は狂い始めました。
当然ですが、自分で馬券を買いに行くなんていうことはできないので、
親父に頼んで購入してもらっていたのですが全く当たらす。親に連れて行ってもらった競馬場で、知らないおじさんが手に持っていた、
「ハイパーナビゲーション」という本が必勝本に見えて、帰宅後本屋をめぐり何とかゲット。今思えば、これが堕落した競馬人生の始まりだったのかもしれません。
冷静に考えれば、そのおじさんが「ハイパーナビゲーション」を使って
競馬で勝っている保証はなかったのですが、
当時の私にはそれが「神の本」のように見えました。
おじさんを観察していると「よしっ!」とか言ってるんですもん(笑)そんな感じで、必勝法や馬券術という本を買うこと数百冊。
この前引っ越しをした時に気がついたのですが、段ボール9箱分ありました(汗)その後、有料予想やネットや雑誌に掲載されている高額のマニュアルなども買い、
総計300万円以上はお金を使いました。でも、競馬で勝てるようになる気配がない。
終いには「競馬で年間プラス収支を達成することは無理だ」と思いながら馬券を購入していました。今のあなたは、費やした金額の違いこそあれ、昔の私と同じような状況なのではないでしょうか?この私が、今では一万人を超えるメルマガ読者に競馬の勝ち方を教える立場になっていて、
しかも「坂口さんのおかげで競馬に勝てるようになった」とお礼メールまで貰っています。その一方であなたは、競馬で勝てるようになりたいと強く望んでいるのにも関わらず、
未だにこの私が書いているような手紙を読まないといけない。この違いはいったい何なんでしょうか?せっかくの機会なので、もっと直線的に言いましょう。なぜあなたはいまだに競馬で勝つことが出来ていないのですか?なぜあなたは競馬に勝てないのか?これは「競馬界に蔓延る(はびこる)7つの神話」が関係していると思います。神話その1、教材の数が多すぎる世の中にはそれこそ何千種類もの馬券本が販売されています。
POGや血統事典のような辞書がわりのようなものをはじめ、
サイン・出目・血統・ローテーション・データ・コンピなどの馬券本、
果ては、「的中率98%回収率1000%」というありえない数字の宣伝をしているものまで、
それこそ多種多様にありますよね。教材だけではなく、予想自体を売っている業者もいますね。
1日3,000円くらいのお手軽価格のものから、1ヵ月で10万円を超える高額のものもあります。
私が過去に実際にお金を払ったものだけでも累計20社以上はあります。
正確に数えたわけではありませんが使ったお金は100万円以上でしょう。最近ではネット上で、PDF型の教材も売られ始めました。
100ページ前後のマニュアルや予想ソフトなどで1万円〜3万円くらいと比較的高額になっています。
数に関しては正確に把握できていませんが、数百冊はあるでしょう。さて、ここで質問です。
いったいどれが一番効果的でしょうか?
あなたにぴったりでしょうか?
コストパフォーマンスがいいでしょうか?このもっとも重要な問いの答えがちょっとやそっとじゃわからないほど、
教材が溢れているのが今の競馬界です。
こんな状態で正しい馬券術を身につけろというほうが難しいですよね。神話その2、教材の内容に根拠がない多種多様な教材が販売されていますが、
実際に・・

タグ:Winner's Brain
posted by 競馬の主 at 21:00 | Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。