競馬を予想するのにとても参考に・・

2010年秋のG1勝馬をデータから見抜く方法

スプリンターズステークスから有馬記念まで
2010年秋のG1勝馬を
データから★見抜く方法★
10月3日の「スプリンターズステークス」から始動する秋のG1を
過去のデータから攻略する方法を、知りたくはありませんか?
データは、競馬を予想するのにとても参考になります!
勝馬を仕分けして、今年を締めくくるグランプリレース「有馬記念」まで
秋のG1戦線を勝ち抜きましょう!
今年も後半戦に突入し、秋のG1シーズンが始まりました!
あなたの春と夏の馬券、調子はいかがでしたか?
勝っている人も、負けている人も、秋のG1戦線を的中させ、
今年の馬券収支を向上させることを目標に、秋のG1レースの過去データを、
あなたにかわって、攻略しやすいように、分かりやすくまとめました!
ぜひこのデータを参考に、あなたの馬券収支をアップさせて下さい。
●以下はスプリンターズステークスの教材内の予言です
★★スプリンターズSの予言
地の利は日本馬にあるとはいえ、今は世界的に見ればスプリンターの質は、
香港の方が2枚ぐらい上。速い時計に対応できるかの不安はあるが、
勝ち馬は香港馬から出るとみる
★勝ち馬候補
・グリーンバーディ
・ウルトラファンタジー
なんと!★ レースの結果 ・ 勝ったのは香港からの参戦馬 ★
8歳セン馬の「ウルトラファンタジー」
単勝       2,930円 (10番人気)
複勝         900円
馬連  7-14   9,900円 (33番人気)
馬単  7-14  22,400円 (69番人気)
3連複 3-7-14 50,860円 (125番人気 )
3連単 7-14-3 358,410円 (791番人気 )
★ 教材内からの格言 ★
「スプリント路線は、高齢になって充実する馬も多いので、
高齢馬を甘く見てはいけない。」
●以下は秋華賞の教材内の予言です
★★ 秋華賞の予言
今年の春のクラシック上位組は強い
勝ち馬はこの組から出ると見ているが、最有力はやはりアパパネか
★勝ち馬候補
・アパパネ
・アプリコットフィズ
・オウケンサクラ
・アグネスワルツ
★結果は
1着 アパパネ
2着 アニメイトバイオ
3着 アプリコットフィズ
※教材を作成している時点では、出走馬を予測するのも難しく、なんとかマイルチャンピオンシップまでは
勝ち馬候補を記載しましたが、菊花賞からは出走回避馬や、出走微妙な馬も出てきました。
出走馬が決まってから、予言や勝ち馬候補が変わる可能性もありますが、
特典1の通り、購入者の方にはメールマガジンでそのつどフレッシュな見解をお届けしますので、
よろしくお願いします。
●「菊花賞」は、勝ち馬候補としていた馬が敗れてしまいました。
期待していただけに残念でしたし、参考にされた方には申し訳ありませんでした。
★勝ち馬候補
・エイシンフラッシュ  − 残念なことに菊花賞の出走回避
・ペルーサ       − 残念なことに菊花賞には出ずに、秋の天皇賞に登録
・ ○ ○ ○     − この馬の期待値はさらに高くなった。勝ち負けと見ている。
秋のG1はまだまだ続きます。古馬戦線も頑張りましょう。
「ブラッド・スポーツ」競馬は「ブラッド・スポーツ」
サラブレッドがレースで活躍する期間は短く、2歳でレースデビューし、
良血でG1を勝ち上がるような優秀な馬は、現役引退後は種牡馬としての仕事が待っているが、
対照的に、血統的な裏付けも無く、未勝利戦を勝ち上がれないような馬は、
競走馬として生き残れない現実。
そこそこ強い馬であっても、良血でなければ、レースで賞金が稼げるうちは現役。
賞金が稼げなくなると競走馬から抹消され、乗用馬他、別路線へと消えて行く。
なぜ血統なのか?
なぜなら、サラブレッドはより早く、より強い馬を目指して交配が管理されているからだ。
強い馬、優秀な馬には、血統の良い牝馬が交配されていくので、
血統のいい良血の馬が、強く速いのは当然と言えば当然のことだ。
毎年多くの新種牡馬の産駒がデビューしていることからも分かるように、
血統の世界にも、勢力図の移り変わりがあり、
実績を残せない馬は、繁殖牝馬に恵まれないので、衰退をたどることになる。
血統から競馬を、秋のG1を見てみませんか?
過去のレースでの上位成績の種牡馬を見ていると、傾向があることが分かり、
G1では特にその傾向が強く、そのレースを制した馬の産駒が好走する確率は高い。あるいは、数ある競馬場のレースコース。
必ず得意、不得意とする馬の、血統傾向が見られる。競馬場に置いてあるレーシングプログラムや、競馬新聞を見ると分かるが、
必ず「父」と「母父」が記載されているように、母父の血統も重要となる。
両親の長所が相乗効果となる場合や、父方の特徴を強く受け継いだり、
母父の特徴が強く出たり、またある時突然どちらかの血が覚醒したりと、
傾向もいろいろだ。
血統は超一流でも、かならずしもレースで活躍するとは限らないところも面白い。G1で上位に来る血統には傾向はあるG1で好走した産駒は要注意それぞれのコースに得意、不得意の血統がある G1では決して勝てない血統がある(シンボリクリスエス等)血統には世代を超えたロマンがある
ゴール前の鮮やかな差し脚、
自分のペースでハナを切り、鮮やかに逃げ切る馬、
いろいろな脚質の馬がいるが、血統から見るのも面白い。
馬券の買い方も、人それぞれだと思う・・

posted by 競馬の主 at 14:43 | Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。